電子マネーに関するニュース・情報
電子マネー・ニュース


電子マネー・ニュース

電子マネーのタイプ

電子マネーと一口で言っても、EdyやSuicaなど主に非接触型のICチップを使って商店などでの小額決済に用いるものと、インターネット上のサービスなどに特化してネット上の口座のみでやり取りする仮想マネーと呼ばれるものとがあります。当サイトではICチップ型の電子マネーを主に取り上げています。

なぜなら、ネット上の仮想マネーは昨今では多くの企業がそれぞれ提供するポイントやマイルと区別することが非常に困難になってきているからです。ポイントやマイルの交換は盛んになる一方ですから、今後ますますポイント・マイルと仮想マネーとの区別は困難になると考えられます。

その一方で、ICチップ型の電子マネーは、ICチップの中に金額が記憶されていますから(プリペイド型の場合)、実際の財布に入れたお金と同様に扱えるからです。

Edy に端を発して普及したICチップ型の電子マネーは、JR東日本の Suica をはじめ、流通大手も独自の電子マネーを発行するなど、多様化と競争の時代に入ってきました。種類もプリペイド型やポストペイド型と多岐にわたり、他のポイントやマイレージ・サービスとの提携も複雑化する一方。

そこで新聞・雑誌、そしてWEB上から電子マネーに関する情報を拾ってお届けすることにしました。

私自身はカードタイプの電子マネーしか使用していませんが、携帯電話で利用できる電子マネーも取り上げるほか、電子マネーの利用方法など、関連情報も役に立つと判断すれば掲載します。

ポストペイド型の電子マネー

ポスト型の電子マネー、例えばQUICPayなどは実際にはクレジットカード機能の一部と考えた方が良いものです。支払った料金はクレジットカードの請求の中に含まれます。この意味では厳密には電子マネーと呼べないかもしれませんが、ICチップを使った読み込み装置で支払うことにおいて、利用する感覚はプリペイド型の電子マネーと区別できません。

ただし、ポスト型の電子マネーはあくまでクレジットカードの一部ですから、紛失して気がつかないでいた場合など、多額に使われてしまう危険性は否めません。これに対してプリペイド型の電子マネーは、紛失した金額のみの損失になります。


Copyright© 電子マネー・ニュース. All rights reserved.